NISAビギナー必見! みんなが買ってる投信ベスト10 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

NISAビギナー必見! みんなが買ってる投信ベスト10

このエントリーをはてなブックマークに追加
NISA口座で投資信託を買っている人たちの人気ランキングを公開!

NISA口座で投資信託を買っている人たちの人気ランキングを公開!

 金融庁の少額投資非課税制度、NISAで投資信託を買う人が増えている。これまでは、投資信託を買って1万円の利益が出ても手元に残るのは約8000円だった。NISAを利用すれば利益に対する課税はナシ(つまり、まるまる1万円が儲けになる)になるのだから、かなりお得な制度だ。

【みんながNISAで買ってる投資信託ベスト10はこちら】

 NISA口座では主に株式と投資信託が買えるが、投資信託を選んだ人はどんなものを買っているのか? 数千本もある投資信託からビギナーが選ぶのは至難の業。スーパーで「明日は寒くなりそうだから、あたたまるものがいいわね。鍋の具材に豚バラ肉と白菜、シイタケも買っておきましょ。野菜多めでヘルシーにね」というわけにはいかないのである。

 さて、投資の世界に足を踏み入れた人は投資信託で何を買っているのか? アエラ増刊『AERA with Money 毎月5000円でつみたて投資!』から、ランキングの集計結果を見てみよう。

*  *  *
 トップは、カリスマファンドマネジャーの藤野英人さんが率いる「ひふみプラス」。メガバンクなどの大きなバックを持たない、独立系運用会社の投資信託としては随一の人気だ。運用担当者が徹底的に取材を行い、「いい」と思った企業を組み入れていくアクティブ型。

“守りながら増やす”を信条に着実な運用を続けており、2012年にジャスト1万円からスタートした基準価額は今や3万円台(つまり3倍)まで成長した。

 2位の「ニッセイ外国株式インデックスファンド」は、購入・換金手数料なしの低コストがウリの投資信託。アメリカやイギリスなどの先進国の株(日本を除く)に値動きが連動する。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい