災害時のトイレ問題 解決に乗り出したトイレットペーパー生産量日本一の市とは?

朝日新聞出版の本

2019/01/28 08:00

 2018年7月。豪雨災害にみまわれた岡山県倉敷市の市立第二福田小学校の体育館前に、そのトレーラーはあった。白地に青で富士山がデザインされている。静岡県富士市から派遣された『みんな元気になるトイレ』(災害派遣トイレネットワークプロジェクト)だ。

あわせて読みたい

  • 1ロール225メートル! 「めっちゃ長いトイレットペーパー」が本当に長い理由

    1ロール225メートル! 「めっちゃ長いトイレットペーパー」が本当に長い理由

    dot.

    2/10

    突然の収入減で窮地に立ったシングルマザー 熊本地震の被災者が語る

    突然の収入減で窮地に立ったシングルマザー 熊本地震の被災者が語る

    AERA

    9/3

  • 忘年会でネクタイを頭に巻くと出世する!? 新聞に載ったB級ニュースたち

    忘年会でネクタイを頭に巻くと出世する!? 新聞に載ったB級ニュースたち

    dot.

    3/19

    最短コースが被害を最大にしていた 防災の最前線から学ぶ

    最短コースが被害を最大にしていた 防災の最前線から学ぶ

    AERA

    3/11

  • 野ぐそ歴46年! 「ウンコロジー入門」著者が実践する“自然との共生”

    野ぐそ歴46年! 「ウンコロジー入門」著者が実践する“自然との共生”

    dot.

    12/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す