職員の65%が女性の慶応大 女子の大学進学率にも影響

大学入試

2018/11/04 07:00

 少子高齢化が進む中、各大学はそれぞれの特色を打ち出すことで難局を乗り切ろうとしている。その特色の一つ、女性教員数に注目したところ、10年間トップを独走しているのが慶應義塾大学だ。女性比率を上げるための取り組みは行っていないというが、この結果の裏には理由があるようだ。

あわせて読みたい

  • 女性教員が高比率の上智大 背景にメンター制など独自の取り組み

    女性教員が高比率の上智大 背景にメンター制など独自の取り組み

    AERA

    11/3

    東大は「女子2割」の壁をなぜ超えられない?「男性中心の東大」が生む社会の偏り

    東大は「女子2割」の壁をなぜ超えられない?「男性中心の東大」が生む社会の偏り

    dot.

    5/6

  • 「一緒に笑えば共犯者になる」 上野千鶴子が語る、東大に残る性差別とは

    「一緒に笑えば共犯者になる」 上野千鶴子が語る、東大に残る性差別とは

    東大新聞オンライン

    1/6

    女子大学、「男女平等」の時代になぜ存在? 津田塾大学長が語る「役割」とは

    女子大学、「男女平等」の時代になぜ存在? 津田塾大学長が語る「役割」とは

    dot.

    5/8

  • なぜ日本の「女性研究者」は先進国で目立って少ないのか 専門家が指摘する「3段階の課題」

    なぜ日本の「女性研究者」は先進国で目立って少ないのか 専門家が指摘する「3段階の課題」

    dot.

    5/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す