柳家喬太郎×三遊亭円丈対談 今の人気は「落語がいっぺん死んだから」 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

柳家喬太郎×三遊亭円丈対談 今の人気は「落語がいっぺん死んだから」

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA

三遊亭円丈(さんゆうてい・えんじょう、右):1944年、名古屋生まれ。昭和の名人、三遊亭圓生に入門。300本以上の新作落語をつくる。著書に『師匠、御乱心!』『ろんだいえん』など/柳家喬太郎(やなぎや・きょうたろう、左):1963年、東京生まれ。89年、柳家さん喬に入門。映画、舞台と幅広く活躍。著書に『落語こてんパン』『落語こてんコテン』など(撮影/横関一浩)

三遊亭円丈(さんゆうてい・えんじょう、右):1944年、名古屋生まれ。昭和の名人、三遊亭圓生に入門。300本以上の新作落語をつくる。著書に『師匠、御乱心!』『ろんだいえん』など/柳家喬太郎(やなぎや・きょうたろう、左):1963年、東京生まれ。89年、柳家さん喬に入門。映画、舞台と幅広く活躍。著書に『落語こてんパン』『落語こてんコテン』など(撮影/横関一浩)

「炎上まつり」で、円丈さんの「わからない」を語る喬太郎さん。ネタおろしでの参加に、客席も盛り上がる(撮影/横関一浩)

「炎上まつり」で、円丈さんの「わからない」を語る喬太郎さん。ネタおろしでの参加に、客席も盛り上がる(撮影/横関一浩)

 落語家の柳家喬太郎さんは、三遊亭円丈さんの「グリコ少年」を聞いて衝撃を受けたという。先輩たちが闘う姿を見て育ち、自らを「円丈チルドレン」だと語る。

【写真】「炎上まつり」で、円丈さんの「わからない」を語る喬太郎さん

*  *  *
柳家喬太郎:僕は円丈師匠の影響で、噺家になったようなものです。大学時代は落研に入っていて、円丈師匠の高座をテレビや寄席で拝見して、ラジオで聞いて。自分でもつくりたくて、学生落語の大会で自作の落語が賞をもらった……それがなかったら、噺家になろうと思っていなかったでしょうね 。

三遊亭円丈:そういう人は本当に少ないんだよ。

──円丈師匠の新作のどんなところに惹かれたんですか?

喬太郎:それまで子供ながらに聞いていた新作落語のイメージが、ガラガラと崩れましたよね。僕は高校の時に、円丈師匠の「グリコ少年」を花王名人劇場で拝見して。もう、衝撃などという言葉では言い表せないくらいの驚きですよ。それからテレビ・ラジオはもちろん、寄席でも拝見しました。

円丈:そうだったの。

喬太郎:その後、(柳家)さん喬のところへ入ったんですが、初めから古典と新作の区別なく、両方やりたいと思っていました。うちの師匠も「円丈師匠の会には前座で出ていい」と言ってくれて。(三遊亭)白鳥兄さんや(林家)彦いちさんも一緒でしたね。

円丈:新作をやりたいという人は少なかったからね。これぞと思う人にはそっと肩に手を置いて、「君は新作に向いてるよ」と、声をかけてね(笑)。

喬太郎:円丈師匠や(柳家)小ゑん師匠が「少しでも新作をつくる気があるんだったら出てみないか」と、言ってくださった。

円丈:新作をつくるには才能が必要で、才能がある人はそもそも少ない。ない人はゼロなんだから。つくれる人のなかでも「この人はいいな」と思う人はもっと少なくて、さらに稀な人がこちらにお座りになっている。

喬太郎:師匠のおかげですよ。当時は今では意外な人、(古今亭)菊之丞くんなんかも一度、新作をつくっていましたね。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい