「親が死んだら生活保護か、死か」高齢化するひきこもりが直面する現実 (3/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「親が死んだら生活保護か、死か」高齢化するひきこもりが直面する現実

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひきこもりの子を支える親が高齢化する今、きょうだいリスクが高まっている…(※イメージ写真)

ひきこもりの子を支える親が高齢化する今、きょうだいリスクが高まっている…(※イメージ写真)

きょうだいリスク(朝日新書)

平山亮、古川雅子著

9784022736536

amazonamazon.co.jp

 2015年4月から、生活保護に至る可能性のある「生活困窮者」の自立支援制度が始まり、全国に相談窓口ができた。その対象者には、ニートやひきこもりの人も含まれる。

 藤原さんは、

「始まったばかりの制度でどこまで支援が見込めるかは未知数ですが、当面の住居などを窓口に相談するのも一つの手だて」

 と言及しつつ、こう指摘した。

「最終的には、ひきこもり本人の生きる気力、その人がまわりに『助けて』と言える力をどう引き出せるか。そこにかかっていると思います。ただ、それまで離れて暮らしてきたきょうだいならば、精神的な援助のハードルは高いかもしれません」

 ひきこもりの子を支える親が高齢化する今、「きょうだいリスク」は、より高まっていると言えるかもしれない。(ノンフィクションライター・古川雅子)

※肩書などは新書出版時(2016年)のものです。


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加