日大悪質タックル問題の背景に「追い詰める指導者」

日大

2018/05/29 07:00

 日本大学対関西学院大学の定期戦で、日大の宮川泰介選手(3年)の悪質なタックルにより関学大選手(2年)が負傷した問題。「監督らの指示があった」と告発した宮川選手に対し内田正人前監督(62)らは反論し、警視庁やスポーツ庁が介入する騒動に発展している。

あわせて読みたい

  • 日大の内田前監督らが会見でまさかの否定 「ラフプレーは日大の伝統…」とアメフト連盟元監督

    日大の内田前監督らが会見でまさかの否定 「ラフプレーは日大の伝統…」とアメフト連盟元監督

    dot.

    5/23

    日大悪質タックル「内田前監督、井上コーチは堂々と否定 反省せず、不信感」 中間報告全文【後編】

    日大悪質タックル「内田前監督、井上コーチは堂々と否定 反省せず、不信感」 中間報告全文【後編】

    週刊朝日

    6/30

  • 日大加害選手の“懺悔”会見全文(下) 「秋も関学との試合あるのでQBがけがしたら得」

    日大加害選手の“懺悔”会見全文(下) 「秋も関学との試合あるのでQBがけがしたら得」

    週刊朝日

    5/22

    アメフト好きのカンニング竹山が参戦 日大理事長に“退陣”迫る理由
    筆者の顔写真

    カンニング竹山

    アメフト好きのカンニング竹山が参戦 日大理事長に“退陣”迫る理由

    dot.

    5/23

  • 悪質タックルでも日大ブランド失墜せず 付属校の志願者数が軒並み増加した理由とは?

    悪質タックルでも日大ブランド失墜せず 付属校の志願者数が軒並み増加した理由とは?

    AERA

    7/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す