意外に知られていない ビットコインの「大誤解」を教えます (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

意外に知られていない ビットコインの「大誤解」を教えます

このエントリーをはてなブックマークに追加
安住拓哉AERA#朝日新聞出版の本#読書
「ビットコイン=仮想通貨」は、正しいといえば正しいのだが……

「ビットコイン=仮想通貨」は、正しいといえば正しいのだが……

 しかし仮想通貨は各国の法定通貨のように紙幣やコインもなければ、発行元となる中央銀行、決済を仲介する銀行などの金融機関も存在しない。

 仮想通貨それ自体が取引履歴などを記録した「デジタル台帳」の機能を備えており、「ブロックチェーン」という暗号技術を使ってネット上で分散管理されている。

 金融機関を通さなくても個人間で直接、自由に送金できたり、日本でも海外でも自由に使用できる点が、発行元である企業が一元管理している電子マネーとの大きな違いなのだ。

 いわば「形も国境もないお金」が仮想通貨。決済技術が優れていたり、人気が高かったり、今後、財産的な価値が上がると思われると価格が急騰する点は、株や金(ゴールド)と同じ金融商品的な側面もある。反対にハッキングされたり、政府の規制対象になれば大暴落する。(経済ジャーナリスト・安住拓哉)

※AERA増刊『老後資金が1000万円貯まる! つみたてNISAとiDeco入門』より


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい