竹内智香「平昌五輪は、満を持して金メダルを獲りに行く大会」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

竹内智香「平昌五輪は、満を持して金メダルを獲りに行く大会」

連載「黄金色へのシュプール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
西川結城AERA#竹内智香
竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では自身の集大成として金メダルを目指す

竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では自身の集大成として金メダルを目指す

北海道での最終調整の様子。雄大な景色が広がっていました(写真:本人提供)

北海道での最終調整の様子。雄大な景色が広がっていました(写真:本人提供)

 ソチ冬季五輪で銀メダルを獲得したスノーボード女子アルペン・竹内智香選手が「AERA」で連載する「黄金色へのシュプール」をお届けします。長野五輪を観て感動し、本格的に競技をスタート。2018年2月の平昌五輪では念願の金メダル獲得を目指す竹内選手の今の様子や思いをお伝えします。

【写真】北海道での最終調整の様子はこちら

*  *  *
 平昌五輪がついに開幕しました。この連載で何度も話してきたとおり、今大会は私にとって5度目の五輪であり、そして自分の中で満を持して金メダルを獲りに行く大会でもあります。4年前のソチ五輪では銀メダルを獲得しましたが、その瞬間から金メダルに向けた挑戦の日々がスタートしました。この間、ひざのケガなど周りの人たちからすれば大変に映るような時期も経験しましたが、私はいつだってとにかく前向きに、この勝負の時に向けて歩みを進めてきたつもりです。その気持ちは、今この瞬間でも変わりません。

 昨年12月から始まった今シーズン。ご存じの方もいると思いますが、五輪までの試合では正直好成績を挙げることはできていません。過去にスイスチームでトレーニングを積んでいた時期は周りの選手と比べて今の自分の調子が良いのか、悪いのかがわかることができていましたが、ここ数年は1人での調整を続けているので、毎シーズンこうして実際に試合が始まらないと全体の中での自分の立ち位置がどこなのか、わからない状態です。でも、もちろん結果が出るに越したことはないですし、気分的にもそのほうが良い流れで五輪にも入ることができたのでしょうが、あまりいろんな言い訳をするつもりはありません。

 何より、自分の中でなぜ結果が出なかったのかがわかっていることが大きいと思います。もちろんそのレースごとに原因は違います。例えば開幕戦の頃は滑りの状態もタイムもまずまずでしたが、レースの最中に過信してしまう自分がいたのも確かです。滑っていて、「これぐらいで大丈夫だな」と自分で決めつけてしまう。私はどこかフワフワした性格なので、1シーズンに1回はこういうレースをしてしまうんですが、「勝てた」と思った時点でそれは感じてはいけない感情だったわけです。良くないとわかっているんですけど、ただそのミスも含めてもダメなところが五輪の大一番を前にドン!と固まって出たということは、何か意味があるのかもしれない。そう捉えていけば、常に前を向く自分自身を貫くことができるのです。

 あの五輪が近づいてくる。本当に首を長くして、待ちわびていました。今は、すごく楽しみです。緊張感もありますが、毎日感じていてもレースまで持たないですから。最後まで自分らしく、その時を待とうと思います。(構成/西川結城)

AERA 2018年2月19日号


トップにもどる AERA記事一覧

竹内智香

竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では5位入賞を果たした。

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい