竹内智香「西川産業のマットこそ、私の必需品」 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

竹内智香「西川産業のマットこそ、私の必需品」

連載「黄金色へのシュプール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
西川結城AERA#平昌五輪#竹内智香
竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では自身の集大成として金メダルを目指す

竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では自身の集大成として金メダルを目指す

熟睡できている時はコンディションも良い竹内。寝ている時間が一番幸せだ(写真:本人提供)

熟睡できている時はコンディションも良い竹内。寝ている時間が一番幸せだ(写真:本人提供)

 普段、日本にいる時も海外での合宿中でも、私は早寝早起きします。夜の9時前には寝るようにして、朝は4時から4時半に起床します。よく、「寝過ぎじゃない?」と言われますが、体が自然と目覚めるまで寝ているだけで、早い時間にベッドに入ると、朝に目覚まし時計を使うことなく起きることができます。

 アスリートとして寝具にもこだわりがあり、他の一流アスリートも愛用する西川産業のマットは私にとっても必需品です。日本の自宅とヨーロッパで過ごす部屋には備え付けのマットがあって、さらにアメリカやニュージーランドへの合宿には、ポータブルサイズのマットを持参。いつでもどこでも快眠ができるよう、サポートしていただけていることに感謝しています。

 熟睡できている時はコンディションも良い時期で、逆にうまく眠れない時はどこか不調な部分があるのだと思います。そして、何より眠る瞬間のあの脱力感がいいですね。頭の中が無の状態になるし、体も最高のリラックス状態になる。本当に、寝ている時間が一番幸せと言っても過言ではないぐらいです。(構成/西川結城)

AERA 2018年2月12日号


トップにもどる AERA記事一覧

竹内智香

竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では5位入賞を果たした。

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい