17歳のフィギュア界ニューヒロイン、ひょっとしたらひょっとするかも (1/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

17歳のフィギュア界ニューヒロイン、ひょっとしたらひょっとするかも

このエントリーをはてなブックマークに追加
野口美恵AERA#平昌五輪

坂本花織(c)朝日新聞社

坂本花織(c)朝日新聞社

 1月の四大陸選手権で自己ベストを更新し、初優勝。平昌五輪の代表で、いま最も勢いがあるのが坂本花織だ。

 すべてのジャンプが決まり、演技を終えた瞬間に叫んだ。

「よっしゃー」

 両手で力強くガッツポーズを決める。17歳のニューヒロイン、坂本花織は、フィギュアスケート界では珍しい「やんちゃ」な女の子だ。初の五輪を前に、勢いのある演技と笑顔で、注目の選手となった。

 彼女の強みは、なんといってもジャンプ。猛スピードで突っ込んで、そのまま飛距離のあるジャンプを跳ぶ。ジュニアの女子がコンパクトにまとめるジャンプで成功率を高めるなか、坂本だけは飛距離にこだわった。

「気持ちいいんです。幅を跳べた時は『イェーイ』っていう気分になる。ジャンプで加点をもらうのが、私の稼ぎどころ。誰にも譲れない部分です。シニアに上がっても、そこで点数を取れたのがよかった」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加