がん民間療法は「人の弱みにつけ込むインチキ商法」 医師たちが本音告白

がん

2018/02/08 11:30

 もし自分や家族ががんと診断されたら、どうしたらいいか悩む人は多いだろう。では医師は、自分ががんになったら、どうするのか。AERAは、20代から60代までのがんの診療経験のある現役医師553人にアンケートをした。余命宣告や民間療法などについて、医師の本音を聞いた。

あわせて読みたい

  • 「愚痴を言うだけの患者が多い」 現役医師調査でわかった「やりがい」と「悩み」

    「愚痴を言うだけの患者が多い」 現役医師調査でわかった「やりがい」と「悩み」

    週刊朝日

    4/15

    もし医師ががんになったらどの病院を選ぶ? 調査でわかった選択基準

    もし医師ががんになったらどの病院を選ぶ? 調査でわかった選択基準

    AERA

    2/6

  • 「医師ががんになったら」衝撃の本音 どんな治療法を選択するの?

    「医師ががんになったら」衝撃の本音 どんな治療法を選択するの?

    AERA

    2/7

    医師526人のダル重解消法 最も気にしていたのは「腸」だった

    医師526人のダル重解消法 最も気にしていたのは「腸」だった

    AERA

    4/21

  • それでも医師になる 現役545人アンケートで見えた格差

    それでも医師になる 現役545人アンケートで見えた格差

    AERA

    10/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す