事故頻発の米軍 海兵隊は「飛行可能なヘリは37%」とも (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

事故頻発の米軍 海兵隊は「飛行可能なヘリは37%」とも

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
相次ぐ米軍機トラブルに、小野寺五典防衛相の表情もさえない (c)朝日新聞社

相次ぐ米軍機トラブルに、小野寺五典防衛相の表情もさえない (c)朝日新聞社

 沖縄のメディア関係者は、歯止めのかからない米軍機トラブルについてこう唱える。

「米軍基地が集中する沖縄でも、これだけ事故やトラブルが頻発するのは異常です。米軍内部に慢心もあるのではないでしょうか」

 1月8日に読谷村に不時着した米軍ヘリは、翌9日に普天間飛行場帰還後、再び飛行した。

 米軍内部に慢心があるのだとすれば、それを是正できない責任は日本政府にもある。(沖縄国際大学非常勤講師・山本章子、編集部・渡辺豪)

AERA 2018年1月22日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい