AERA dot.

“宮司”を目指す女子大生たち その動機は…

このエントリーをはてなブックマークに追加
野村昌二AERA#神社仏閣

「人とのつながりを大切にし、地域に根差した神職になりたい」と、和田さん(左)と川元さん (撮影/加藤夏子)

「人とのつながりを大切にし、地域に根差した神職になりたい」と、和田さん(左)と川元さん (撮影/加藤夏子)

「男の仕事」のイメージが強い神職の世界で女性が増えている──。そう聞いて訪れたのが、国学院大学(東京都渋谷区)の渋谷キャンパス。神社本庁が制定した神職資格を取得できる神道文化学部があることで知られる。同学部3年の和田美咲さん(20)は、笑顔で話す。

「小さいころから神社で遊び、地域の方々と関わっていくうちに、神社を継ぐのは必然的かなって思いました」

 実家は1500年近い歴史を持つ、群馬県安中市にある咲前(さきさき)神社。父親(53)が宮司で、身近な神社は心のふるさとでもあった。神職になろう──。小学校のころから何となく決め、大学で伝統文化の大切さを学ぶうちに神職への道は確固たるものに。卒業後は、実家の神社に奉職し、ゆくゆくは跡を継ごうと決めている。

 国学院大学によると、2017年度の神道文化学部における女性の比率は32%と、10年前より4ポイント増えた。中でも最近は、神道を学びたいという一般家庭の学生が増えているのが特徴だという。

 同学部4年の川元日菜子さん(22)も、そんな一人。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

   神社仏閣 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加