半藤一利が宮崎駿に夏目漱石『草枕』アニメ化を依頼 (3/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

半藤一利が宮崎駿に夏目漱石『草枕』アニメ化を依頼

このエントリーをはてなブックマークに追加
大川恵実AERA
宮崎駿(みやざき・はやお):1941年東京都生まれ。アニメーション映画監督。「千と千尋の神隠し」で米アカデミー賞長編アニメーション賞受賞/半藤一利(はんどう・かずとし):1930年東京都生まれ。「文藝春秋」編集長などを経て作家に。『日本のいちばん長い日 運命の八月十五日』ほか著書多数(撮影/楠瀬彰彦)

宮崎駿(みやざき・はやお):1941年東京都生まれ。アニメーション映画監督。「千と千尋の神隠し」で米アカデミー賞長編アニメーション賞受賞/半藤一利(はんどう・かずとし):1930年東京都生まれ。「文藝春秋」編集長などを経て作家に。『日本のいちばん長い日 運命の八月十五日』ほか著書多数(撮影/楠瀬彰彦)

新宿区立漱石山房記念館は、2017年9月24日にオープン。夏目漱石が晩年を過ごした「漱石山房」のあった場所に立つ。館内には、漱石の書斎が再現されている(写真:新宿区提供)

新宿区立漱石山房記念館は、2017年9月24日にオープン。夏目漱石が晩年を過ごした「漱石山房」のあった場所に立つ。館内には、漱石の書斎が再現されている(写真:新宿区提供)

半藤:これを書いたときはまだ39歳ですから、困ったことに漱石先生の頭の中には、漢学や仏教の言葉やらお能やらが山ほど詰まっていたんでしょう。

宮崎:『草枕』の舞台の小天温泉に社員旅行で行ったことがあるんです。お寺や舟など、小説に出てくるものはひとそろい集まっていると思ってましたけど……。

半藤:何も残ってませんでしょう?

宮崎:残ってないです。だいたい、川がないですよね。

半藤:あのへんが漱石のインチキなところです(笑)。『草枕』を書くとき、漱石の頭の中には山水画の風景があったと思うんですよ。山があって、山道があって、峠があって、川が流れていてという風景が。

 その風景を思いながら、山を越えて湯治に行き、帰りは川を下っていく話を書いたんでしょうけど、川の場面を書くとき、行きに山を越えていくのはおかしいと思ったんじゃないですかね。あとから付け足してあるんですよ、「そうさ、船ではなかった。馬であった」なんて。

宮崎:付け足してあるんですか。

半藤:ええ、不敵な作家ですよ。

(構成/編集部・大川恵実)

AERA 2017年12月4日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい