半藤一利が宮崎駿に夏目漱石『草枕』アニメ化を依頼

2017/12/02 11:30

半藤:言うのはタダだから言ってしまうんですが、今回オープンした漱石山房記念館の1階に映像のコーナーがあるんです。それを見ながら、宮崎先生は好きな漱石の短編なら記念館用に作ってくれるんじゃないか、と思っておりまして(笑)。

宮崎:いやいや(笑)。

半藤:宮崎さんがお好きな『草枕』で、主人公の洋画家が峠の茶屋で「おい」と声をかける場面はどうですか。奥からおばあさんが出てきて。

宮崎:ああ、いいですね、あの場面は。つまらないことにひっかかるんですけど、あのおばあさんの家にある駄菓子の箱に鶏がふんをする場面がありますけど、そもそも鶏が駄菓子を食わないのが不思議なんです。あと、舟で停車場(ステーション)に行く途中に、主人公が宿泊する宿の「若い奥様」那美さんが山へ向かって手をあげるシーンは一番きれいですね。

半藤:そのシーンもいいですね。汽車ぽっぽが出ていく。

宮崎:車掌が、ぴしゃりぴしゃりと車内のドアを閉めて走って来るでしょう。あれは、コンパートメントに分かれていた車両だったんでしょうね。その戸をぴしゃぴしゃと閉めたと、勝手に思っているんですけど。

半藤 正しいんじゃないでしょうかねえ。そういう、宮崎駿作の『草枕』のアニメーションを、ほんの5分、せいぜい10分ほどで作ってもらえないかなと。

宮崎:いやいや(笑)。でも僕は『草枕』が大好きで、飛行機に乗るときは必ずこれを持って行きます。何度読んでもおもしろい。だけど、難しい本ですね。難しいところは覚えてないんですよ。注ばっかり読まないといけないから、そういうところは飛ばして読みますが、漱石の漢文の素養は本当にすごい。

1 2 3

あわせて読みたい

  • 半藤一利が宮崎駿に依頼した『草枕』アニメ化は宿題に 「期待しないで」

    半藤一利が宮崎駿に依頼した『草枕』アニメ化は宿題に 「期待しないで」

    AERA

    12/3

    「亡くなるまでずっと敬語でした」 半藤末利子が夫・一利さんの「在りし日」を語る

    「亡くなるまでずっと敬語でした」 半藤末利子が夫・一利さんの「在りし日」を語る

    AERA

    6/13

  • 【追悼】半藤一利さん 文春時代、新入社員に「似顔絵」贈る温かさ
    筆者の顔写真

    延江浩

    【追悼】半藤一利さん 文春時代、新入社員に「似顔絵」贈る温かさ

    週刊朝日

    2/14

    映画『風立ちぬ』 庵野秀明起用の理由は「ボソッと喋るから」

    映画『風立ちぬ』 庵野秀明起用の理由は「ボソッと喋るから」

    BOOKSTAND

    9/5

  • 夫の最期の言葉は「墨子をお読みなさい」 エッセイスト・半藤末利子が語る夫婦の思い出

    夫の最期の言葉は「墨子をお読みなさい」 エッセイスト・半藤末利子が語る夫婦の思い出

    AERA

    6/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す