国立の教員養成系大学の見直しが付属校にも飛び火 憤る識者も

2017/11/25 11:30

 国立附属校が教員養成やモデル校の役割を担う趣旨でつくられたのは事実だが、

「公立校の先生も、附属校のまねをするより自分たちが日々直面している問題を直接解決するための教育実践をしたいはずです。そこにお金をつけて支援する方法もある」(根来さん)

 全国国立大学附属学校連盟の田中一晃事務局長は、

「有為な人材を育て、社会に貢献してきた自負がある」

 としつつ、こう続けた。

「これまで以上に地域の教育課題に向き合い、説明責任も果たしていく。存在意義が評価されれば公立化せず今のままの形で残っていくことは十分に可能」

 附属校についても21年度中に結論を出すことになっている。(編集部・石臥薫子)

AERA 2017年11月27日号より抜粋

1 2

あわせて読みたい

  • 教員養成系大学に試練 統合?連携?生き残る手立ては

    教員養成系大学に試練 統合?連携?生き残る手立ては

    AERA

    11/25

    中学・高校教師の出身校トップはここだ! 体育大、外国語大が上位 国立再編で様変わりも?

    中学・高校教師の出身校トップはここだ! 体育大、外国語大が上位 国立再編で様変わりも?

    dot.

    9/12

  • 学生のモチベーションを上げる一手とは? プログラミング教育の次なる課題は「教員養成課程」
    筆者の顔写真

    福田晴一

    学生のモチベーションを上げる一手とは? プログラミング教育の次なる課題は「教員養成課程」

    AERA

    11/13

    小学校教師になれる大学ベスト100 国立大よりすごい私立大のネットワーク

    小学校教師になれる大学ベスト100 国立大よりすごい私立大のネットワーク

    dot.

    9/11

  • 【大学一覧】国公立大教育・教員養成学部の志願者数推移 激減している大学は…

    【大学一覧】国公立大教育・教員養成学部の志願者数推移 激減している大学は…

    3/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す