「日本人よー。早く気付いてほしい」高江から見えた“沖縄”というジレンマ

沖縄問題

2017/08/30 16:00

 地元住民らの反対運動が続いているにもかかわらず、7月から新たなヘリパッドの運用が始まった、沖縄・高江。ただでさえひどかった騒音はさらに激化し、住民たちは怒りを膨らませている。本土機動隊員の大量派遣に「土人」差別発言、記者の一時拘束や反対運動リーダーの不当な長期勾留…… さまざまな問題がニュースとなった米軍ヘリパッド問題の顛末を、地元記者が詳細に記録したルポ『国家の暴力』(朝日新聞出版)が8月30日に発刊された。著者の阿部岳氏が作品に込めた思いとは――。

あわせて読みたい

  • 「日本語、分かりますかー?」 いまだ繰り返される沖縄への侮辱

    「日本語、分かりますかー?」 いまだ繰り返される沖縄への侮辱

    dot.

    9/30

    「このままでは死者がでる!」 沖縄・高江で見た国家権力によるむき出しの暴力

    「このままでは死者がでる!」 沖縄・高江で見た国家権力によるむき出しの暴力

    dot.

    8/1

  • 150人の村を500人の機動隊で制圧、混乱続く沖縄のヘリパッド移設

    150人の村を500人の機動隊で制圧、混乱続く沖縄のヘリパッド移設

    AERA

    7/28

    9月号沖縄タイムス記者 阿部岳 Abe Takashiきょうの沖縄はあすの本土

    9月号沖縄タイムス記者 阿部岳 Abe Takashiきょうの沖縄はあすの本土

    9/1

  • 「反対運動に日当」「黒幕は外国勢力」沖縄をめぐる悪質なデマと差別の底にあるもの

    「反対運動に日当」「黒幕は外国勢力」沖縄をめぐる悪質なデマと差別の底にあるもの

    dot.

    3/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す