日本人の死生観に変化 「霊魂信じる」増加中

2017/08/07 11:30

 日本人がなじんできた「お葬式のかたち」がいま激変している。従来型のお葬式ではなく、「家族葬」が広く受け入れられ、弔いの形は家から個へ――。葬儀費用の「見える化」と価格破壊は何を生むのか。AERA 8月7日号で、新しい葬式の姿と、大きく影響を受ける仏教寺院のいまを追った。

あわせて読みたい

  • 人は「喪失」とどうつきあってきたのか? JR福知山線事故、震災…現場の声から読み解く現在

    人は「喪失」とどうつきあってきたのか? JR福知山線事故、震災…現場の声から読み解く現在

    dot.

    4/13

    宗教学者・島田裕巳が語るお葬式 大往生で亡くなった人は葬儀でなくお祝いを

    宗教学者・島田裕巳が語るお葬式 大往生で亡くなった人は葬儀でなくお祝いを

    AERA

    8/2

  • 長い「老後」で死の意味あいまいに 「宗教は無意味になった」宗教学者・島田裕巳

    長い「老後」で死の意味あいまいに 「宗教は無意味になった」宗教学者・島田裕巳

    AERA

    1/12

    人の生と死に寄り添う“新しい宗教者”模索する若い僧侶たち

    人の生と死に寄り添う“新しい宗教者”模索する若い僧侶たち

    AERA

    8/5

  • 「現代こそ死者との絆は強い」宗教学者が語る日本人の死生観

    「現代こそ死者との絆は強い」宗教学者が語る日本人の死生観

    AERA

    8/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す