山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介 ドラマ「コード・ブルー」が帰ってきた!  (1/5) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介 ドラマ「コード・ブルー」が帰ってきた! 

AERA
7年のときを経て主要キャスト5人が再結集(※写真はイメージ)

7年のときを経て主要キャスト5人が再結集(※写真はイメージ)

 最初の放送は2008年。10年にセカンドシーズンが続き、今回、7年のときを経て主要キャスト5人が再結集した。互いに「戦友」と呼び合い、過酷な現場と向き合う決意を語り合った。

──3rdシーズンが始まります。皆さんと顔をあわせて、どんなお気持ちですか?

山下智久:続編を求めてくれる方たちの声や、多くの人の協力があって実現したこと。まずは素直に感謝したいですね。

比嘉愛未:仕事場でみんなに会うのは、前シリーズが終わってから7年ぶりです。プライベートでは1年に1回くらいの頻度で「コード・ブルー会」を開いて会っていたんですけどね。その席ではいつも続編の話をしていたから、本当に実現できてうれしいです。

戸田恵梨香:新シーズンのスタートが決まってから以前の映像を見直しているのですが、最初の放送のころの自分って、いま見るとだいぶ恥ずかしいな、と……(笑)。

比嘉:わかる。みんな20歳前後ですよね。あのころって、大人でも子どもでもない年齢ですしね。

新垣結衣:私は、ちょうど撮影中に、20歳の誕生日をお祝いしてもらいました。今回も、撮影に入ってから誕生日を迎えました。ある意味、自分の成長をこの作品に見守ってもらっているような気がします。

●「戦友」がしっくりくる

山下:キャスト5人がこの7年間、それぞれ懸命に活躍を続けてきて、今回も誰一人欠けることなく同じメンバーがそろった。これは、本当にかけがえのないことだと思っています。

比嘉:私はずっと、みんなの活躍が気になっていました。同じ現場で共演できることはなかなかなくても、「今度はあの映画をやるんだ」「あの作品に出るんだ」と、みんなの情報は必ずチェックしていたんですよ。この「コード・ブルー」という作品を通して「仲間」意識が芽生えたから。いつもみんなのこと、陰ながら「がんばれ!」って応援してました。

戸田:みんなの活躍は本当に心強いです。自分も頑張ろうって思えるから。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい