AERA dot.

もたいまさこ「40代からおばあさん役。最近はテレビに怒るようになっちゃって…」

このエントリーをはてなブックマークに追加
中村千晶AERA

もたいまさこ/1952年、東京都生まれ。舞台芸術学院卒。代表作にドラマ「やっぱり猫が好き」、映画「かもめ食堂」「それでもボクはやってない」などがある(撮影/堀内慶太郎)

もたいまさこ/1952年、東京都生まれ。舞台芸術学院卒。代表作にドラマ「やっぱり猫が好き」、映画「かもめ食堂」「それでもボクはやってない」などがある(撮影/堀内慶太郎)

映画「ハローグッバイ」は7月15日から東京・渋谷のユーロスペースほか全国順次公開。監督:菊地健雄/配給:アンプラグド (c)2016 Sony Music Artists Inc.

映画「ハローグッバイ」は7月15日から東京・渋谷のユーロスペースほか全国順次公開。監督:菊地健雄/配給:アンプラグド (c)2016 Sony Music Artists Inc.

 この人が出る映画は観たい。そう思わせる筆頭が「もたいまさこ」ではないだろうか。今回は39歳の監督と初タッグ。認知症のおばあさん役だ。

「認知症には前から興味があってNHKの特集などを見ていましたけど、患者さんは千差万別で『これを参考に』というのがあるわけじゃない。難しかったけど、手探りで演じました」

 主役は2人の女子高校生だ。派手め系のはづきと優等生の葵。交わることのない2人が、おばあさんと出会い、変わっていく。

「おばあさんの記憶からは大切なものがどんどんはがれていく。でもひとつだけ一番覚えていることが『一通の手紙をある人に渡す』ことだった。その相手が誰か──それがこの映画の素敵なところだと思います」

 友情がテーマでもある。

●長電話をした高校時代

「自分も高校生のころはよくあんな熱量で、あんなにしゃべっていたなあと思います。友達と休み時間も放課後も話して、家に帰って電話して。あの年頃ってまだ言葉を持っていないから、本でも音楽でも自分の気持ちに一番近いものを探すんですよね。だから音楽がすごく必要だった。誰が好きだったかって? ザ・ゴールデン・カップスです(笑)」

 話したことはないが、気になる同級生がいた。

「『あの子、けっこう大人なのかな』とかね。いま会って『あなたどういう人だったの』って聞いてみたい人は何人かいます」

 劇団時代の交友はいまも続いている。

「3◯◯(さんじゅうまる)時代の友人とは、今も時々会って飲みながら話をすることもあります。私はどちらかといえば、はづきタイプかな。若いころは独りでいることはあんまりなかった。いまのほうがずっと独りでいますよ」

 もたいさんの生活、気になる。

「撮影で朝早くから夜まで働いていると、そのあとプッツリ糸が切れたように放心していることが多いんです。『あ~あ、やることはいっぱいあるんだけどなあ』って思いながら一日ダラダラして、そのくせ『ごはん食べない?』とか誘われると、のんきに出かけてしまいますが」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加