AERA dot.

王者の背中を見たり 松山英樹が全米オープン2位の快挙

このエントリーをはてなブックマークに追加
柳川悠二AERA#松山英樹

全米オープンで2位になった松山英樹。メジャータイトルも目前だ (c)朝日新聞社

全米オープンで2位になった松山英樹。メジャータイトルも目前だ (c)朝日新聞社

 松山英樹が四大メジャーの全米オープンを青木功に並ぶ日本人最上位の2位で終えた。リズムはいい。次は7月、全英で“その時”が来るかもしれない。

 まさに至福の時間だった。

 プロゴルファーの松山英樹が全米オープン最終日(6月18日)のラウンドを、首位とわずか1打差で終えた時、開催コースのあるウィスコンシン州ミルウォーキー近郊にいた日本人メディアは、日本人初のメジャー制覇という歴史的瞬間に立ち会えるかもしれない──そんなゾクゾクする時間を過ごしていた。

 しかし、直後に首位のブルックス・ケプカが3連続バーディーを決め、快挙への期待は泡と消えていった。全選手のホールアウト後に姿を現した松山は、いつもの仏頂面ではなく、さすがに晴れやかな表情をしていた。

「普通の試合でもこんなに上位にいれば緊張もしますし、アドレナリンも出ます。そこをうまくコントロールできるかできないか。今日は良いプレーができました」

「優勝のチャンスある」

 会場のエリンヒルズGCには、4日間を通じて気まぐれなミルウォーキーの風が舞い続けたが、松山も日ごとに毛色が異なるゴルファーだった。

「最悪」と振り返った初日は2オーバー(82位タイ)と出遅れ、3日目は上位選手がスコアを伸ばす中で、足踏み。それでも「最高です」と語った2日目と最終日にそれぞれその日のベストスコアを叩き出し、最終的には通算12アンダーに達した。

 結果、青木功に並ぶメジャー大会日本人最上位記録の2位タイで5度目の全米オープンを終えた。青木に代わって「世界のMATSUYAMA」の称号こそふさわしい。

「(不調に陥っていた6月の)ザ・メモリアル・トーナメントから応急処置的にスイングを変えた部分があった。納得のいくショットが増えてきているので、メジャー優勝のチャンスも増えていくんじゃないかな」

●今季はケガも抱えつつ

 同大会のテレビ中継でラウンド解説を務めた青木は、松山の実力をこう評価した。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

   松山英樹 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加