「危篤に陥り目が開いた瞬間、暗証番号は?」 後悔しない親との別れ

終活

2017/07/05 11:30

 親の看取りは誰しもが経験するもの。しかし、ゆっくりと最期のお別れをすることができなかったと、後悔する人は多い。まだまだ元気だからと、話し合わずにいると、その日は急にやってくる。AERA 2017年7月10日号では「後悔しない親との別れ」を大特集。お墓のこと、相続のこと、延命措置のこと、そろそろ話し合ってみませんか?

あわせて読みたい

  • 親のもしもに備える「療養」「見守り」「緊急時」

    親のもしもに備える「療養」「見守り」「緊急時」

    AERA

    7/7

    死後の手続きに注意! 葬儀を病院の紹介業者に任せ落とし穴も

    死後の手続きに注意! 葬儀を病院の紹介業者に任せ落とし穴も

    週刊朝日

    1/20

  • 「看取り士」になった娘が見つめた母の最期

    「看取り士」になった娘が見つめた母の最期

    AERA

    11/13

    介護はつらいよ

    介護はつらいよ

    週刊朝日

    5/22

  • “予約”した葬儀社から死期迫る父へ電話!? 鈴木おさむ「死のリアル」
    筆者の顔写真

    鈴木おさむ

    “予約”した葬儀社から死期迫る父へ電話!? 鈴木おさむ「死のリアル」

    週刊朝日

    4/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す