ヴァイオリニスト・諏訪内晶子の挑戦「国際音楽祭NIPPON」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ヴァイオリニスト・諏訪内晶子の挑戦「国際音楽祭NIPPON」

このエントリーをはてなブックマークに追加
千葉望AERA
海外を飛びまわる生活では身体のメンテナンスも大事。ピラティスや筋力トレーニングで体幹部を鍛える。「若い頃より疲れにくくなりました」(撮影/写真部・東川哲也)

海外を飛びまわる生活では身体のメンテナンスも大事。ピラティスや筋力トレーニングで体幹部を鍛える。「若い頃より疲れにくくなりました」(撮影/写真部・東川哲也)

 ヴァイオリニスト・諏訪内晶子が芸術監督を務める「国際音楽祭NIPPON」。音楽家として充実期を迎える諏訪内の意気込みは。

 諏訪内晶子が芸術監督を務める「国際音楽祭NIPPON」が今年で5回目を迎えた。クラシックの音楽祭には地名や会場の名前がつくことが多く、「NIPPON」という大きな冠がついているものは珍しい。

「この音楽祭は本拠地が決まっていません。毎年違う土地をまわるのが特徴なので、名前をつけていないんです。大変ですけれど、あえて毎年転々としながらやっていこうと考えました」

 今年は東京、名古屋のほか東日本大震災の被災地である岩手県久慈市をまわる。7月4日から後半のプログラムがスタートする予定だ。

●音楽学ぶ若者も参加

 1990年に諏訪内がチャイコフスキー国際コンクールで優勝した際、ピアノ部門で優勝したボリス・ベレゾフスキーとの二重奏、さらにチェロのマリオ・ブルネロを加えた三重奏のリサイタルのほか、レナード・スラットキン指揮のデトロイト交響楽団とのコンサート、谷川俊太郎の詩を子どもたちが朗読して室内楽と共演する「言葉と音楽」のコンサートなど盛りだくさん。ヴァイオリニストを目指す若者向けのマスタークラスも開催される。久慈市のコンサートには昨年に続き、桐朋学園の室内楽アンサンブルやマスタークラス参加者から選抜されたソリストら、音楽を学ぶ若者たちも参加することになっている。

「これまで宮城県仙台市や気仙沼市に行きましたが、被災者の方々も未来を向いている若者が来てくれることを、とても喜んでくださいました」

 世界を飛びまわって演奏活動を続けながら、芸術監督として音楽祭の企画や人選、さまざまな打ち合わせや手配を行う。

「ソリストとしてやっているだけでは知り得なかったこと、感じ得なかったことをたくさん経験でき、大きな充実感を得ました。今年はベレゾフスキーさんとのリサイタルで、藤倉大さんに委嘱した新作も演奏しますし、デトロイト交響楽団の演奏会では武満徹さんの『遠い呼び声の彼方へ!』やコルンゴルトの協奏曲を取り上げます。どれも素晴らしい曲ですよ」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい