過度の期待は禁物!? 16歳の天才FW久保建英の未来 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

過度の期待は禁物!? 16歳の天才FW久保建英の未来

このエントリーをはてなブックマークに追加
栗原正夫AERA
初戦の南ア戦では、途中出場ながら堂安の決勝点をアシストするなどジョーカーとしての役割を見事に果たした(中央右) (c)朝日新聞社

初戦の南ア戦では、途中出場ながら堂安の決勝点をアシストするなどジョーカーとしての役割を見事に果たした(中央右) (c)朝日新聞社

「日本のメッシ」と称賛される久保建英。弱冠15歳にしてU-20ワールドカップ代表に選出され、天性の才能の一端を見せた。

 5大会ぶりに出場したサッカーU-20(20歳以下)W杯(5月20日~6月11日、韓国)でグループリーグを突破した日本だったが、決勝トーナメント1回戦で延長戦の末に南米のベネズエラに0-1と敗れ、14年ぶりのベスト8進出はならなかった。

 3年後の東京五輪で中心となる世代で臨んだ今回のU-20W杯には将来を期待されるタレントが揃った。なかでも注目を集めたのは“2階級特進”で招集されたFW久保建英(たけふさ)(FC東京U-18)だった。

●高い戦術理解度

 15歳で大会の開幕を迎えた久保は、10歳から13歳までスペインの名門FCバルセロナの下部組織で育ち、2015年の帰国後もFC東京のユースチームで順調な成長を見せ、昨年は中学3年にしてU-18に昇格。続いてトップチームにも登録され、今季はJ3においてJリーグ最年少得点(15歳10カ月11日)を記録したほか、5月3日のルヴァンカップ(リーグ杯)では、トップチームでの公式戦デビューも果たすなど超逸材と高い評価を受けてきた。

 最大5歳上の選手もいたU-20W杯でも、その才能の一端を示した。初戦の南アフリカ戦では後半に途中出場すると、すぐさま前線へ見事なスルーパスで決定機を演出。抜け出したFW小川航基(ジュビロ磐田)のシュートは惜しくも相手GKの好守に阻まれたが、ワンプレーでスタンドをどよめかせた。そして、後半27分には左からの見事なピンポイントのノールックパスでMF堂安律(ガンバ大阪)の決勝点をアシストした。

 FC東京の篠田善之監督は、久保のプレーについてこう話す。

「フィジカルはまだまだだけど、戦術理解度が高く、技術はしっかりしていて見ているところが(普通の選手と)ちょっと違う」

●一番しっかりしている

 ストライカーとしてのシュートのうまさはもちろん、ドリブルで相手を突破することもできれば、そこからパスも出せる。特筆すべきは状況判断で、空いたスペースを瞬時に見つけ、相手の動きを見透かしたように逆を取るのがうまい。こうした感覚は独特で、天性のものだろう。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい