英語上級者に多い悩み「会話が続かない…」最大の理由は?

2017/02/04 16:00

 時代とともに言葉が生まれ、意味が移り変わっていくのは日本語も英語も同じ。それなのに、英語は高校や大学で学んだまま。この言い方で、ちゃんと伝わっているんだろうか……。そんな不安を抱えているあなた。単語選びやちょっとしたあいづち、発声で、あなたの英語は見違えるのだ。AERA 2017年2月6日号は、SNS時代に生まれた新しい単語、名スピーチに共通の「心を動かすポイント」と共に、「惜しい」英語からの脱却法を特集している。ビジネスの現場でなかなか英語での会話が続かないのはなぜなのか? その理由と対策を取材した。

あわせて読みたい

  • TOEIC試験会場でできる「あと10点」にナカないための対策

    TOEIC試験会場でできる「あと10点」にナカないための対策

    AERA

    2/5

    大学受験で英語入試が変わる 「話す」も出来なきゃ受からない!? 来年は早大でも

    大学受験で英語入試が変わる 「話す」も出来なきゃ受からない!? 来年は早大でも

    週刊朝日

    2/16

  • 「アジアでの英会話は◯◯になったつもりで」プロが指摘

    「アジアでの英会話は◯◯になったつもりで」プロが指摘

    AERA

    8/27

    中学英語がわかればトランプ英語がわかる

    中学英語がわかればトランプ英語がわかる

    AERA

    2/1

  • Google翻訳からネイティブっぽい英文を導く6つのコツ

    Google翻訳からネイティブっぽい英文を導く6つのコツ

    AERA

    2/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す