女性のアルコール依存の増加 総合診療科でチェックする取り組み

健康

2017/01/26 07:00

総合診療科で行うアルコール依存への取り組みとは(※写真はイメージ)
総合診療科で行うアルコール依存への取り組みとは(※写真はイメージ)

 アルコール依存、薬物依存などの依存症は、生活習慣などではなく、病気だ。個人の意志や心がけなどで対応できるものではなく、治療が必要なもの。近年、医療現場ではさまざまな試みが行われている。AERA 2017年1月30日号では、依存症治療の最前線を大特集。

 アルコール依存症ではないが、飲酒による健康への支障がある人やそのリスクが高い人は、1千万人いると言われている。ここ数年で、総合診療科で飲酒量をチェックしたり、量を減らす指導をしたりするといった取り組みが広まっている。

*  *  *
 三重県在住の女性会社員(45)は2年半前、低血圧と尿回数の多さのため、三重大学病院の総合診療科を受診した。問診や検査を受けるうちに、

「飲酒量が多いのでは?」

 と、医師から指摘を受けた。

 もともとお酒は好きではなかったが、営業職に転職するとストレスもあり、5年ほど前から自宅で夫と晩酌をするようになった。25度の焼酎一升瓶をひとりで週に2本空ける。日本酒好きの夫は少量をゆっくり飲むタイプ。一緒に飲んでいると、自分が多量の飲酒をしているとは思いもよらなかった。

 医師の指導で、まず週に一升瓶1本に減らした。最初の1カ月ほどは、「これ以上飲んではいけない」と思うのがストレスになったが、すぐに慣れた。

 気づいたら、1日20回あった尿回数は通常まで減り、最高血圧80の低血圧も、95程度まで上がった。体のだるさや、ひどい頭痛が起こることもなくなった。今では飲酒量は月に一升瓶2本になった。

1 2

あわせて読みたい

  • 在宅勤務で大量飲酒は「アルコール依存症」の入り口 「ストロング系」はリスク大

    在宅勤務で大量飲酒は「アルコール依存症」の入り口 「ストロング系」はリスク大

    AERA

    7/11

    吉澤ひとみ被告、勝谷誠彦さんらがアルコールを断てない理由 依存の恐さとは 

    吉澤ひとみ被告、勝谷誠彦さんらがアルコールを断てない理由 依存の恐さとは 

    週刊朝日

    11/30

  • “不安を寸止め”して飲酒継続は「依存症まっしぐら」 合間に水や炭酸水で対策を

    “不安を寸止め”して飲酒継続は「依存症まっしぐら」 合間に水や炭酸水で対策を

    AERA

    7/11

    お酒で入院、酩酊していた山口達也 専門医が語る依存症の恐さとは?

    お酒で入院、酩酊していた山口達也 専門医が語る依存症の恐さとは?

    dot.

    4/26

  • 酒で下痢止まらず紙オムツ 中高年の“アルコール依存症”増殖中!

    酒で下痢止まらず紙オムツ 中高年の“アルコール依存症”増殖中!

    週刊朝日

    12/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す