ぐっちーさん「『逃げ恥』見て考えた、女性の活躍のために夫婦別姓の議論を」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ぐっちーさん「『逃げ恥』見て考えた、女性の活躍のために夫婦別姓の議論を」

連載「ここだけの話」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ぐっちーAERA#ぐっちー#ドラマ
ぐっちーさん/1960年東京生まれ。モルガン・スタンレーなどを経て、投資会社でM&Aなどを手がける。本連載を加筆・再構成した『ぐっちーさんの政府も日銀も知らない経済復活の条件』が発売中

ぐっちーさん/1960年東京生まれ。モルガン・スタンレーなどを経て、投資会社でM&Aなどを手がける。本連載を加筆・再構成した『ぐっちーさんの政府も日銀も知らない経済復活の条件』が発売中

 経済専門家のぐっちーさんが「AERA」で連載する「ここだけの話」をお届けします。モルガン・スタンレーなどを経て、現在は投資会社でM&Aなどを手がけるぐっちーさんが、日々の経済ニュースを鋭く分析します。

*  *  *
「逃げるは恥だが役に立つ」。AERA本誌でも連載を持たれている星野源さんがすばらしい演技をされているドラマですが、見ているとなるほどと思わされることが多々あるのです。

 その一つは、新しいライフスタイルの模索ということ。

 私の周りにはいわゆる専業主婦という人はまずおらず、普通に男性と同じ仕事をしている人がほとんどです。能力的にも大変優れた方が多く、今だから話しますが、モルガン・スタンレーで採用責任者をやっていたときには普通に採用するとすべて女性になってしまい、「お前は女性を優先して採用しているのか」と本社から怒られたくらい(笑)。

 問題は、30代で活躍する女性たちがほぼ独身だということ。そりゃ、少子化になりますよ。で、彼女たちと話していてわかったのは、結婚をためらう最大の理由が実は経済的な問題ではないということ。はっきりおっしゃるにはお金は自分が稼ぐから亭主の稼ぎが低いのは問題ではない。一番問題になるのは名字が変わることだと……。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい