五輪初出場の瀬戸大也(競泳) 父譲りの「超ポジティブ」で狙うワンツーフィニッシュ 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

五輪初出場の瀬戸大也(競泳) 父譲りの「超ポジティブ」で狙うワンツーフィニッシュ

このエントリーをはてなブックマークに追加
島沢優子AERA#リオ五輪

 本番前の泳ぎ込みの時期だったが、表情は明るい。練習タイムが少し上がっただけで自信をもてる。ドーパミン全開の「前向き力」が強みだ。

 超ポジティブな性格は父親似らしい。

「(松岡)修造さんに会うと、お父さんに会ってる感じ」

 と言うから、想像がつく。瀬戸家では「無理」はNGワードだ。3歳のころ、好きな女の子に会いに2キロ先まで自転車で行くと言って実際に向かった瀬戸を、父がビデオを回しながら付き添った2時間の記録が残っている。何度も転びながら、父親に励まされてたどり着いた。

「怖いもの知らずでいいなぁ」

 ライバルの萩野公介からもそう言われる。

 萩野が欠場した昨年の世界選手権は、200メートル個人メドレーで準決勝敗退と惨敗しながらも立て直し、400で自己ベストを更新。2連覇を飾った。

 瀬戸は言う。

「(萩野とは)持ってるものがまったく違う。だから、正面からガツンといかずにリスペクトし合えるのかな。アイツは考え込むタイプだけど、僕は感覚人間だし」

 得意種目も、萩野は背泳ぎ&自由形で、瀬戸は平泳ぎ&バタフライとクロスする。小学生までは萩野のほうが断然速く、タイムを知ったときは、

「あまりに速かったので、絶対に年齢が間違ってるって母と話した」

 というほど。中学2年生の全国大会で初めて破った。

 ロンドン五輪の選考レースでは2位にも入れず落選。プールに入る気にもなれなかったが、萩野のメダル獲得を見て奮い立った。ここまでこられたのは、

「萩野のおかげ」

 だからこそ、「2人でワンツーフィニッシュ」の夢をかなえたい。

「おまえなら、できるぞ」

 父のエールを胸に、最大のライバルとともにリオのスタート台に立つ。(ライター・島沢優子)

AERA 2016年8月8日号


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい