犯行声明は後付け? ベルギーテロ「キッチン爆弾」が意味するもの (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

犯行声明は後付け? ベルギーテロ「キッチン爆弾」が意味するもの

このエントリーをはてなブックマークに追加
テロ発生後、ブリュッセル市内では連日祈りが捧げられている。爆発のあった駅はEU本部にも近く、車両は通勤客で混み合っていた(写真:gettyimages)

テロ発生後、ブリュッセル市内では連日祈りが捧げられている。爆発のあった駅はEU本部にも近く、車両は通勤客で混み合っていた(写真:gettyimages)

 使われたのは、市販の材料で手作りできる爆弾。標的になったのは、世界的なランドマークではなく日常生活の現場。これは何を意味するのか。

「恐れていたことが起こってしまった」

 ベルギーの首都ブリュッセルで3月22日に起きた連続自爆テロの後、同国のミシェル首相は語った。ブリュッセル空港と地下鉄マルベーク駅で起きた爆発で、31人が死亡し、約270人が負傷した。昨年11月に130人の死者を出したパリ同時多発テロ後、ベルギーは欧州でのテロ発信地と目されていた。

 パリのテロの主犯は、ブリュッセル市内の移民街出身でイスラム教徒の若者だった。ベルギーからはシリアとイラクにまたがる過激派組織「イスラム国」(IS)に300人以上が参加しているとされている。

今回のテロは、パリ事件の実行犯とされるベルギー生まれのアブデスラム容疑者(26)がブリュッセル市内で逮捕されて4日後に起きた。直後にISが、「カリフの兵士たちが自爆ベルトを身に着け、仕掛け爆弾とマシンガンで攻撃した」

 という「犯行声明」を出したことで、テロはISが指令したものとされ、IS脅威論がさらに強まった。しかし、ISはイラクでもシリアでも米国主導の有志連合やロシアの空爆で守勢に立たされており、欧州でのテロに指令を出す余裕があるのかという疑問がわく。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい