ラブホテルが大進化!「都心なら1泊20万円級」の超豪華な一室も (2/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ラブホテルが大進化!「都心なら1泊20万円級」の超豪華な一室も

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
すがすがしさ重視の人向けHOTEL APERTO「窓がなく昼でも薄暗い」というラブホの概念を打ち砕く。高級デザイナー家具が配置され、「こんな部屋に住みたい」と思わせられる。同行者(男)は「仕事もはかどりそう」。806号室宿泊2万7800円~(撮影/高井正彦)

すがすがしさ重視の人向け
HOTEL APERTO
「窓がなく昼でも薄暗い」というラブホの概念を打ち砕く。高級デザイナー家具が配置され、「こんな部屋に住みたい」と思わせられる。同行者(男)は「仕事もはかどりそう」。806号室宿泊2万7800円~(撮影/高井正彦)

 ラブホテル評論家の日向琴子さんと青木さんに「大進化するラブホテル」としてお薦めのところをいくつか挙げてもらい、出掛けてきた。

「HOTEL APERTO」(東京都豊島区)。外見もそうだが、部屋に入っても大きな窓ガラスから光が燦々(さんさん)と降り注ぎ、とにかく明るい。

「ル・コルビュジエやチャールズ&レイ・イームズ、ミース・ファン・デル・ローエなどの高級デザイナー家具を配置していて、書斎的な使い方もできるホテル」(日向さん)。ベッドは高級ホテルでも使用しているシモンズ社製マットレス。らせん階段を上ると展望風呂、100インチプロジェクターや5.1chサラウンドシステム。正直、だれかと来たら、本来の「目的」を忘れてしまいそう……。

「お風呂やベッドはビジネスホテルより広く、平日の割引プランを利用すればビジネスホテルより安い。お一人の男性客は結構います」(担当者)


トップにもどる AERA記事一覧

あわせて読みたい あわせて読みたい