サラリーマンよりお小遣い多い?高校生 「おごりはイタイ」独特の金銭感覚 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

サラリーマンよりお小遣い多い?高校生 「おごりはイタイ」独特の金銭感覚

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#出産と子育て
高校生の金銭感覚は?(写真はイメージ)

高校生の金銭感覚は?(写真はイメージ)

 当然のようにスマホを持ち、大人より使えるお小遣いが多い子も。そんな環境の変化は、考え方や行動にも影響する。1030人を対象に行った調査で見えてきた高校生の実態とは。

 今回の調査で「お小遣いやバイト代など、ひと月の収入はいくらか」を尋ねたところ、「収入はない」が30.4%、「1万円未満」が42.9%だった。一方、「4万円以上」と答えた割合は11.7%で、女子だけみると16%にものぼる。

 新生銀行が今年6月に発表した「2015年サラリーマンのお小遣い」は3万7642円だった。ということは、高校生全体の10人に1人、女子の6人に1人がサラリーマンよりも自由になるお金が多いことになる。しかもサラリーマンの場合、お小遣いに昼食代が含まれている人が多いことを考えると、高校生のほうが、遊びや趣味、ファッションなど好きなことに多くお金を使えるのだ。これは東京など都市圏に特有の話ではなく、全国的な傾向で、「4万円以上」の割合が最も高かったのは中国地方で17%だった。

「あんたのほうが財布にお金入っているね、ってお母さんにも言われますよ」

 そう話す千葉の県立高校2年生のサツキ(16)は、月3千円のお小遣いに加え、コンビニバイトで月2万~3万円を稼ぐ。クラスメートのナナ(17)は別のコンビニで働く。ときには7連勤もこなし、月のバイト代は5万円を超える。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい