海外で「復刻版オニツカタイガー」がアツイ!店舗で整理券配布も (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

海外で「復刻版オニツカタイガー」がアツイ!店舗で整理券配布も

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
欧米での絶大な人気を背景に復刻。特にGEL―LYTE IIIのシルバーはファン垂涎の一品である。来年春からさらに拡大展開の予定(撮影/工藤隆太郎)

欧米での絶大な人気を背景に復刻。特にGEL―LYTE IIIのシルバーはファン垂涎の一品である。来年春からさらに拡大展開の予定(撮影/工藤隆太郎)

 復刻イコール完全コピーではない。ランニングシューズとして発売されたGEL−LYTEIIIは、バランスの良い丸みのあるフォルムを受け継ぎつつ、よりファッションに重心をシフトしたカラーリングやストリートシーンに対応した軽快さを加味し、まさに復刻でありつつ新しく現代に対応したモデルといっていい。

 スニーカーは、その身軽な印象からカラフルなデザインが多くなる傾向があるのに対し、アシックスタイガーの場合、1色で作られたシューズが最も人気が高く、あるいは2色のコンビも次いで人気で、このあたりの違いが支持されている理由といえそうだ。

 アシックスでは現在、GEL−LYTEIII発売25周年を記念し、国内外の様々なブランドやセレクトショップと毎月交代でコラボするマンスリーコラボレーションを展開中。フランス、イギリス、アメリカ、オーストラリアなど各国のショップが舞台だが、毎回整理券を配って入場をコントロールし、発売日には完全にソールドアウトするほどの人気が続いている。

AERA  2015年11月23日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい