AERA dot.

就活での「学歴」 高校までさかのぼるケースも?

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#大学入試#就活

「結局、東大にはかなわない」と言われる一方で、「学歴がなくても課外活動を頑張ればいい」とも言われる。採用をめぐっては、あらゆる噂が飛び交う。就職と学歴の実際を取材した。

 就職活動で学生が戦略的に動くためには、個々の業界や企業が求める「ターゲット」を知っておく必要がある。一概にこうだと言い切ることは難しいのだが、識者や人事関係者に取材し、把握を試みた結果、様々な声が集まった。その一部を紹介する。

「就活で最強なのは『旧帝大、早慶クラス』+『体育会』」(就活コンサルタント 小寺良二さん)
「慶應SFCは超人気。ただ入社後、日本企業のカルチャーに合わないケースも」(HRプロ社長 寺澤康介さん)
「流通は、MARCHと日東駒専が現場で活躍」(キャリアコンサルタント)
「百貨店は私立の牙城。慶應が強い」( 大学キャリアセンター関係者)

 就活コンサルタントで、オールアバウト「大学生の就職活動」のガイドも務める小寺良二さんは言う。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

   大学入試 , 就活 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加