柔軟剤の「スメハラ」に職場で悲鳴 汗と混じって異臭に

仕事

2013/07/24 11:30

 本来、柔軟剤はほのかな香りのはずだった。それが2000年代半ばごろ、残香性が強い海外製の柔軟剤がブームを呼ぶと、香りはどんどん強くなっていった。いまや、香りと共にボトルも一緒に派手になり、柔軟剤入り洗剤も発売されるなど、ニッポン中に柔軟剤のにおいが充満した感すらあるのだ。

 職場にあふれる柔軟剤のにおいで迷惑しているという男性(42)は、吐き捨てるように言う。

「そもそも、なぜ本人はあのにおいを『くさい』と思わないのか。洗濯しないほうがマシでしょう」

 この男性の言葉は決して八つ当たりではない。スメハラが厄介なのは、自分のにおいは自分では気がつきにくいという点だ。

「嗅覚は『順応』といって、長時間かいでいるとそのにおいになじみ、気がつかないことが多いのです」

 と体臭や汗の専門治療を行う「五味クリニック」(東京都新宿区)の五味常明院長は話す。

AERA 2013年7月22日号

1 2

あわせて読みたい

  • 香りつき柔軟剤ブーム 「仕事に集中できない」と苦情も

    香りつき柔軟剤ブーム 「仕事に集中できない」と苦情も

    週刊朝日

    3/9

    香りつき柔軟剤ブーム 清潔感を求める男性愛用者が急増

    香りつき柔軟剤ブーム 清潔感を求める男性愛用者が急増

    週刊朝日

    3/7

  • 頭痛、吐き気、めまい…“香りブーム”の裏で深刻化する「香害」

    頭痛、吐き気、めまい…“香りブーム”の裏で深刻化する「香害」

    週刊朝日

    1/29

    NHK『ガッテン!』の番組内容に視聴者の合点が行かず、炎上した理由

    NHK『ガッテン!』の番組内容に視聴者の合点が行かず、炎上した理由

    ダイヤモンド・オンライン

    4/22

  • 香り付き柔軟剤+汗臭さでついた“嫌なにおい”をとる方法

    香り付き柔軟剤+汗臭さでついた“嫌なにおい”をとる方法

    週刊朝日

    9/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す