BOOKSTAND

  • 日本テレビ・藤井貴彦アナ、27年続けている「5行日記」で培った"思いが伝わる言葉のつくり方"

     「感染者数に一喜一憂しないでください。この数字は2週間前の結果です。私たちは2週間後の未来は変えることができます」 これはニュース番組『news every.』(日本テレビ系)でメインキャスターを務

    BOOKSTAND

    8/26

  • 戦国時代は応仁の乱からではない!? 日本史の分岐点となった7つの出来事を最新の学説をふまえて紹介

     「あのときああしていれば、自分の人生は確実に異なっていただろう......」。そんな人生のターニングポイントは誰にでもあるもの。そしてそれは"歴史"にも言えます。 歴史には、「『新しい流れ』をつくる

    BOOKSTAND

    8/24

  • 雲研究者・荒木健太郎、意外と知らない"空のふしぎ"を解説! 「空以外にできる雲」とは?

     突然ですが、「一番身近にある雲を描いてください」と言われたら、あなたはどんな絵を描きますか? おそらく老若男女問わずほとんどの人が「空に浮かぶ雲」を描くかと思います。でも実は、熱々のみそ汁やコーヒー

    BOOKSTAND

    8/19

  • たくましく生きる力を育む! 日本のレジリエンス教育第一人者が教える"声かけ"メソッド

     アメリカやシンガポール、欧州各国の名門校が次々に導入している「レジリエンス教育」が注目されています。"レジリエンス"とは、回復力や復元力を意味する英語で、どんな逆境にも負けず、たくましく生き抜く力を

    BOOKSTAND

    8/17

  • エレキコミック、9月23日から新作コントライブを開催 「オリンピック&パラリンピックが終わったらエレキコミックと覚えてね!」

     BOOKSTANDで有料メルマガを配信中のお笑いコンビ・エレキコミックが、2021年9月23日(木・祝)から26日(日)、新作コントライブ「エレキコミック第31回発表会『Heartbeat Walt

    BOOKSTAND

    8/14

  • 福岡県宇島市はたった4日で消滅! 時代とともに消えた"市区町村名の謎"に迫る

     現在、およそ1700の市町村が存在する日本。かなり多いイメージを持つかもしれないが、明治中期には約1万5000もの市町村がひしめき合っていた。しかし時代を経るとともに、「大人の事情」でたくさんの市町

    BOOKSTAND

    8/12

この人と一緒に考える

  • 肥満のクマや音に敏感なキリン... 動物の健康管理に奔走する飼育員たちの知られざる努力

     各地に散らばる無数の動物園や水族館。飼育動物の種類は数知れず、世界の珍しい生き物に魅了されている人は多い。また、北海道・旭山動物園を筆頭に、動物がありのままの姿で過ごせるように工夫された"行動展示"

    BOOKSTAND

    8/10

  • 伝説の元タカラジェンヌ、専門はクセの強いおじさん役!? 15年間の爆笑回想記

     「宝塚歌劇団」といえば、キラキラと輝くスターの宝庫。多くの人が、見目麗しき男役や可憐で清楚な娘役などのトップスターを思い浮かべるのではないでしょうか? そんななか、「吸血鬼に血を吸われて狂う不動産仲

    BOOKSTAND

    8/5

  • 読まずにわかる!? SNSで話題の「こあらの学校」による"英語のニュアンス図鑑"

     英語に興味はあるけれど勉強はきらい。「I'm fine. Thank you. And you?」のように、間違ってはいないけれど学校で習うような固定された表現ばかりはイヤ。同じ言い回しではなくもっ

    BOOKSTAND

    8/3

  • 不気味な間取りに隠された真実とは? YouTube700万回以上再生「【不動産ミステリー】変な家」完全版!

     季節は夏本番。ということで、少しでも涼しくなりたい方のために、背筋がゾクリとするような、こんな一冊はいかがでしょうか? 今回紹介する書籍『変な家』は、インターネットを中心に活動するホラー作家・雨穴氏

    1

    BOOKSTAND

    7/29

  • 江戸の町は動物だらけ! 約160点の浮世絵から読み解く、江戸の人々と動物の深い関わり方

     皆さんは、江戸時代にどんな動物が親しまれていたと思いますか? 日々の暮らしをともにする存在といえば、現代でも人気の猫や犬はすぐに想像がつくかもしれません。でも実は、ほかにも馬や牛、鶴、亀、魚、虫、そ

    BOOKSTAND

    7/23

  • 「女はビジネスに向かない」「男なのに情けない」 世の中から滅びてほしい"駄言"辞典

     2020年11月、日本経済新聞は紙面である呼びかけをしました。それは以下のとおり。「心を打つ『名言』があるように、心をくじく『駄言』(だげん)もある。『#駄言辞典』を付けて、駄言にまつわるエピソード

    10

    BOOKSTAND

    7/21

この人と一緒に考える

  • 野口英世は一夜で留学費用をパァにしていた! 人生大逆転のヒントを"お札の中の人"から学ぶ

     2024年度上期に刷新される1,000円・5,000円・1万円の各紙幣。約20年ぶりの新紙幣誕生とあって、肖像に選ばれた北里柴三郎・津田梅子・渋沢栄一にも注目が集まっている。特に渋沢はNHK大河ドラ

    1

    BOOKSTAND

    7/19

  • 脳疲労が取れる&睡眠不足改善!? 医者が教えるサウナの"一石八鳥"のメリット

     ここ数年で巻き起こっている"サウナブーム"。サウナ好きがよく口にする「ととのった」という言葉を聞いて、興味を抱いた人もいるのではないだろうか。とはいえ、"サウナ=熱くてつらい"などネガティブなイメー

    BOOKSTAND

    7/15

  • 落語の登場人物は失敗ばかりなのになぜ愛される? 肩の力を抜いて生きる心の在り方を学ぶ

     落語の登場人物には、そそっかしかったり間抜けだったり、失敗続きのある意味「ダメ人間」が多いのに、なぜ多くの人から愛され、生き生きとしているのでしょうか。 その理由を「特に江戸庶民の社会は、現代よりも

    BOOKSTAND

    7/13

  • 恐竜やマンモスが闊歩する日はやってくるのか... "絶滅動物の復活"がもたらすメリットとリスク

     突然だが、映画『ジュラシック・パーク』をご覧になったことはあるだろうか。マイケル・クライトンの小説を巨匠スティーヴン・スピルバーグが映画化し、当時最先端のCGを駆使して恐竜たちを現代に甦らせた大ヒッ

    BOOKSTAND

    7/9

  • フランスの生活習慣や文化を365のコラムで紹介。心地よく生きるヒントが詰まった一冊

     もうすぐ夏休み! でもコロナ禍で思うように外出できず、海外旅行なんてもってのほか。旅行好きの人は特に残念に思っているかもしれません。 そこで今回は、ページを開けばすぐにでもフランスにいる気分になれる

    BOOKSTAND

    7/7

  • 『三体』の劉慈欣、ジャック・アタリなどが登場する話題の季刊誌『tattva』の2号目が発売

    東京五輪の開催についてのニュースが飛び交い、海外からも日本への耳目が集まっています。開催するとすれば一体どのように行われるのか? 政治家たちの発言、対応は? アメリカの「ニューヨーク・タイムズ」やフラ

    BOOKSTAND

    7/5

1 2 3 4 5

カテゴリから探す