「2023年本屋大賞」ノミネート10作品が決定! 結城真一郎『#真相をお話しします』や一穂ミチ『光のとこにいてね』など

2023/01/20 12:15

(写真:BOOKSTAND)
(写真:BOOKSTAND)


 書籍や読者をよく知る全国の書店員の投票によって選出される「本屋大賞」。そのノミネート作品が、1月20日(金)に「本屋大賞」公式サイト上で発表されました。
 「本屋大賞」が一般の文学賞と異なる点は、オンラインを含む、新刊本を扱う書店の書店員が選出する文学賞であるということ。ついに20回目を迎える2023年は、全国471書店、書店員615人から投票がありました。
 その集計の結果、絞り込まれたノミネート作品は、以下のとおりです。
■2023年本屋大賞ノミネート(作品五十音順)
『川のほとりに立つ者は』寺地はるな/双葉社
『君のクイズ』小川哲/朝日新聞出版
『宙ごはん』町田そのこ/小学館
『月の立つ林で』青山美智子/ポプラ社
『汝、星のごとく』凪良ゆう/講談社
『方舟』夕木春央/講談社
『#真相をお話しします』結城真一郎/新潮社
『爆弾』呉勝浩/講談社
『光のとこにいてね』一穂ミチ/文藝春秋
『ラブカは静かに弓を持つ』安壇美緒/集英社
 これまでに本屋大賞を受賞した作品は、昨年の逢坂冬馬さん著『同志少女よ、敵を撃て』のほか、第1回目(2004年)の小川洋子さん著『博士の愛した数式』、昨年映画にもなった第17回目(2020年)の凪良ゆうさん著『流浪の月』や第15回目(2018年)の辻村深月さん著『かがみの孤城』など、どれも大きな反響を呼んでいます。
「2023年本屋大賞」に選ばれるのはどんな作品なのでしょうか。ぜひ注目してみてください!
 大賞を選出する2次投票は1次投票を行った書店のみが参加可能。大賞は4月12日(水)に発表予定です。
■本屋大賞 公式サイト
http://www.hontai.or.jp

あわせて読みたい

  • 2023年本屋大賞 ノミネート作決定と発表会のお知らせ

    2023年本屋大賞 ノミネート作決定と発表会のお知らせ

    PR TIMES

    1/20

    令和最初の「2020年本屋大賞」ノミネート10作品が決定!3年連続となる知念実希人の『ムゲンのi』など

    令和最初の「2020年本屋大賞」ノミネート10作品が決定!3年連続となる知念実希人の『ムゲンのi』など

    BOOKSTAND

    1/24

  • 「2021年本屋大賞」ノミネート10作品が決定! 昨年大賞・凪良ゆう新作や加藤シゲアキ『オルタネート』など

    「2021年本屋大賞」ノミネート10作品が決定! 昨年大賞・凪良ゆう新作や加藤シゲアキ『オルタネート』など

    BOOKSTAND

    1/21

    「2017年本屋大賞」ノミネート10作品が決定 村田沙耶香『コンビニ人間』など

    「2017年本屋大賞」ノミネート10作品が決定 村田沙耶香『コンビニ人間』など

    BOOKSTAND

    1/18

  • 「2014年本屋大賞」ノミネート10作品が決定〜いとうせいこう氏らがノミネート

    「2014年本屋大賞」ノミネート10作品が決定〜いとうせいこう氏らがノミネート

    BOOKSTAND

    1/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す