再生回数470万回を超える最強の減量食「沼」 人気YouTuber・マッスルグリルが初のレシピ本を発売 〈BOOKSTAND〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

再生回数470万回を超える最強の減量食「沼」 人気YouTuber・マッスルグリルが初のレシピ本を発売

BOOKSTAND
『ガッツリ食べても罪悪感ゼロ! 究極のバードめし』マッスルグリル かんき出版

『ガッツリ食べても罪悪感ゼロ! 究極のバードめし』マッスルグリル かんき出版


 ダイエッターを中心に話題となった「沼」や「マグマ」をご存じでしょうか? 言葉だけ聞いてもなんのことだか想像がつかないかもしれませんが、実はこれ、YouTuber「マッスルグリル」が動画で公開したレシピの名前なんです。


 マッスルグリルは、現役ボディビルダーのシャイニー薊(あざみ)さんと格闘家の顔を持つスマイル井上さんからなるコンビ。彼らの代名詞ともいえる「バード(鶏肉)」レシピを一冊が、今回紹介する『ガッツリ食べても罪悪感ゼロ! 究極のバードめし』です。


 マッスルグリルが提唱するのは、「自分の体に合わせて、バランス良く栄養素を摂る」こと。これこそ王道であり、最強のダイエット法だと本書に記されています。


 なかでも鶏肉は、おいしい、飽きない、高たんぱく、コスパ最強という神食材だといいます。本書に掲載されているバードレシピは、「筋肉が落ちない」「健康的にやせられる」「たくさん食べても罪悪感ゼロ」「自炊が好きになる」といった点が魅力とのこと。


 たとえば、最初に登場するのは、冒頭でも紹介した「沼」。YouTubeの動画再生回数470万回超え(※2021年6月26日現在)のヒットを記録した、炊飯器に材料を入れて炊くだけの簡単レシピです。米は洗わずそのまま、鶏むね肉や干ししいたけ、おくらもまるごと炊飯器に入れるというダイナミックさ。包丁いらずなうえに、炊飯器のスイッチを入れればあとは放置でOK。それでいて、食べるとだしの旨味やカレー粉のスパイシー感、おじやのような優しい食感がヤミツキになるおいしさです。


 なぜこれがダイエット食になるのかというと、必要な栄養素が考慮された材料と分量になっているから。「沼」を一日に必要な摂取カロリーに応じて食べれば、理論上、体重が増えることはありません。鶏むね肉450g、米200g、おくら10本などを使っても、総摂取カロリーは約1380kcal。しっかり食べながら健康的に減量できるというわけです。マッスルグリルのレシピが究極の減量食として大きな注目を集めた理由は、まさにここにあります。


 第1章は「沼」のように材料をぶち込めばよいだけの「炊飯器」レシピ、第2章は主食、第3章はおかず、第4章はおつまみ、第5章はスープ、第6章はバルク飯、第7章はおやつという構成です。考え方はどれも同じで、どのレシピにもカロリーのほかにタンパク質、脂質、炭水化物の量が書かれており、栄養素まで意識した食事を摂れる仕組みになっています。


 このほか、「ダイエットを続けるコツ」「ダイエット中のトレーニング」などコラム形式の読み物も掲載。ダイエッターの質問にしっかりと答えられるのも、ボディビルダーとして日々体づくりに励んでいるシャイニーさんだからこそといえるでしょう。


 YouTubeで紹介された料理以外にもさまざまなバードレシピが掲載されている本書。マッスルグリルを初めて知る方はもちろん、これまでYouTubeを観ていた方も買って損はない一冊でしょう。おいしい料理をガッツリ食べながら確実に体重を減らす......バードめしならそんなダイエットも夢じゃなさそうです!


[文・鷺ノ宮やよい]


(記事提供:BOOK STAND)

トップにもどる BOOKSTAND 記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい