それでも〆切りはやってくる... 〆切りに泣いた大作家たち

2018/01/11 17:00

「しめきり」。皆さんがこの言葉を最後に意識したのはいつですか? 「仕事の納期が迫っていて......」という人も中にはいるでしょうが、おそらく「〆切り」という単語を鬼気迫る存在として、これ以上ないほどひしひしと感じているのは作家以外にいないかもしれません。

あわせて読みたい

  • 川端康成の名作『禽獣』は締め切り間際に

    川端康成の名作『禽獣』は締め切り間際に"やけ気味"で書きなぐられたものだった?

    BOOKSTAND

    9/6

    読めばアナタも食べたくなる、35篇の朝食エッセイ 

    読めばアナタも食べたくなる、35篇の朝食エッセイ 

    BOOKSTAND

    4/23

  • 〆切本

    〆切本

    週刊朝日

    9/22

    〆切本2

    〆切本2

    週刊朝日

    10/26

  • ボブ・ディランがノーベル文学賞の

    ボブ・ディランがノーベル文学賞の"候補"に入っている理由

    BOOKSTAND

    9/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す