【石井光太 特別寄稿】新著『43回の殺意 川崎中1男子生徒殺害事件の深層』に寄せて

2017/12/21 17:00

 ノンフィクション作家・石井光太さん。アジアの貧困街の裏側を描いた『物乞う仏陀』(文藝春秋)、『神の棄てた裸体』(新潮社)、『レンタルチャイルド』(新潮社)や、東日本大震災をテーマに被災地の知られざる真実に迫った『遺体―震災、津波の果てに』(新潮社)、さらに実の親による子殺し事件にフォーカスした『「鬼畜」の家』(新潮社)。今まで発表してきた諸作で、現実に起きた事件、さらに今私たちが生きている社会の裏側までもえぐり取るように描写してきた石井さんが、次なるテーマに選んだのが「川崎中1男子生徒殺害事件」でした。

あわせて読みたい

  • ノンフィクション作家・石井光太が描く、知られざる

    ノンフィクション作家・石井光太が描く、知られざる"原爆資料館生みの親"の存在

    BOOKSTAND

    7/4

    速報! ヤフー×本屋大賞「ノンフィクション本大賞」、最終ノミネート作10作品が発表

    速報! ヤフー×本屋大賞「ノンフィクション本大賞」、最終ノミネート作10作品が発表

    BOOKSTAND

    9/11

  • ヤフー×本屋大賞「ノンフィクション本大賞」が決定!受賞は角幡唯介氏の『極夜行』

    ヤフー×本屋大賞「ノンフィクション本大賞」が決定!受賞は角幡唯介氏の『極夜行』

    BOOKSTAND

    11/8

    川崎の中1殺害事件と街の深奥 地元のラッパーたちからひもとく

    川崎の中1殺害事件と街の深奥 地元のラッパーたちからひもとく

    AERA

    3/17

  • 中1リンチ殺人 逮捕された少年らの処遇は殺人罪で起訴か?

    中1リンチ殺人 逮捕された少年らの処遇は殺人罪で起訴か?

    週刊朝日

    3/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す