ドラフト1位選手が明かすプロ野球人生「選択の明暗」

2017/11/06 17:00

 毎年10月にNPB(一般社団法人日本野球機構)が主催する「プロ野球ドラフト会議」。新人選手の入団交渉権をプロ野球全球団で決める選択会議として知られていますが、彼らは花形選手として世間から大きな注目を浴びることとなります。

あわせて読みたい

  • 元巨人ドラ1の辻内「最後は野球を嫌いになりかけていた」

    元巨人ドラ1の辻内「最後は野球を嫌いになりかけていた」

    週刊朝日

    3/31

    斎藤佑樹だけじゃない…プロで輝けなかった高校野球のスターたち【投手編】

    斎藤佑樹だけじゃない…プロで輝けなかった高校野球のスターたち【投手編】

    dot.

    11/8

  • 指名選手はたまらん…ドラフト会議で起きた“人生を変えた珍事”

    指名選手はたまらん…ドラフト会議で起きた“人生を変えた珍事”

    dot.

    10/26

    才能が花開かず…“ドラ1”入団も「1軍出場なし」で終わった選手たち

    才能が花開かず…“ドラ1”入団も「1軍出場なし」で終わった選手たち

    dot.

    6/3

  • 大阪桐蔭の甲子園優勝投手は今…プロで苦しむ日本ハム・柿木蓮の現在地

    大阪桐蔭の甲子園優勝投手は今…プロで苦しむ日本ハム・柿木蓮の現在地

    dot.

    5/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す