もしかしたらウチの子も? 発達障害当事者の実像を描いた話題のコミックエッセイ

2017/03/30 12:00

 コミックエッセイ『生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした』は、自閉症スペクトラム障害(ASD)の傾向がある長男と、発達に遅れがある次男の育児に奮闘する母・モンズースーさんの日常をつづった同名人気ブログの書籍化です。

あわせて読みたい

  • ADHDと診断された営業マンが明かす当事者のリアルとは?

    ADHDと診断された営業マンが明かす当事者のリアルとは?

    BOOKSTAND

    8/20

    発達障害と向き合う栗原類さん、母が振り返る当時の心境

    発達障害と向き合う栗原類さん、母が振り返る当時の心境

    BOOKSTAND

    4/24

  • 大反響の発達障害のCM 「障害者? 違う、僕は僕」 当事者のラッパー・GOMESSが託した思い

    大反響の発達障害のCM 「障害者? 違う、僕は僕」 当事者のラッパー・GOMESSが託した思い

    AERA

    7/11

    VRで大人の発達障害の「働きづらさ」を支援 ビジネス講座より実践的なワケ

    VRで大人の発達障害の「働きづらさ」を支援 ビジネス講座より実践的なワケ

    AERA

    7/4

  • 発達障害を抱える著者が試行錯誤の末に手に入れた「人生を生きやすくするための生活術」を徹底紹介

    発達障害を抱える著者が試行錯誤の末に手に入れた「人生を生きやすくするための生活術」を徹底紹介

    BOOKSTAND

    9/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す