発行累計6000万部!! ヒット作を量産する編集者のモットーとは?

2016/03/30 12:20

 出版界には名物編集者と呼ばれる人が多数います。たとえば柴田錬三郎、今東光、開高健など大物作家との濃密な仕事で知られる島地勝彦さん(元集英社)。赤塚不二夫、古谷三敏、石井いさみ、あだち充といった漫画家の担当編集として活躍した武居俊樹さん。また、最近では、井上雄彦『バガボンド』、三田紀房『ドラゴン桜』、安野モヨコ『働きマン』を手がけたことで知られる佐渡島 庸平さん(元講談社)も、若き名物編集者と言えるでしょう。

あわせて読みたい

  • 漫画家・鈴ノ木ユウさん×出産カメラマン・繁延あづささん対談――出産、そして家族のものがたりを紡ぐということ<前編>

    漫画家・鈴ノ木ユウさん×出産カメラマン・繁延あづささん対談――出産、そして家族のものがたりを紡ぐということ<前編>

    出産準備サイト

    11/17

    300ページ超えの持ち込みを「一気読み」 漫画『約束のネバーランド』と編集者の出会い

    300ページ超えの持ち込みを「一気読み」 漫画『約束のネバーランド』と編集者の出会い

    AERA

    9/14

  • 乃木坂46・高山一実の初小説が大ヒット…アイドルたちが筆をとる理由

    乃木坂46・高山一実の初小説が大ヒット…アイドルたちが筆をとる理由

    dot.

    1/28

    名作マンガの陰に名編集者あり

    名作マンガの陰に名編集者あり

    6/26

  • 出会いは最悪だった!? 鈴木敏夫VS石井朋彦 アニメ界の大物「仕掛け人」師弟が公開トーク

    出会いは最悪だった!? 鈴木敏夫VS石井朋彦 アニメ界の大物「仕掛け人」師弟が公開トーク

    BOOKSTAND

    12/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す