「古瀬戸珈琲店」、「カフェ・ド・ランブル」 作家たちが愛した珈琲の名店

2015/07/23 07:35

 原稿用紙に万年筆、そしてその傍らにある一杯の珈琲。執筆の共として、珈琲の存在をあげる作家たち。美食家としても知られる、作家・池波正太郎もそのひとり。常宿にしていた東京・お茶ノ水の「山の上ホテル」本館401号室での執筆の合間には、同ホテルのコーヒーパーラーを訪れ、水出し珈琲を味わったそうです。

あわせて読みたい

  • ドトールとスタバを追え!地方発コーヒーの群雄割拠(2)(北海道編)

    ドトールとスタバを追え!地方発コーヒーの群雄割拠(2)(北海道編)

    dot.

    8/17

    「コーヒーの聖地・鳥取」は、なぜ、コーヒー購入額が全国トップなのか?

    「コーヒーの聖地・鳥取」は、なぜ、コーヒー購入額が全国トップなのか?

    tenki.jp

    10/3

  • 自宅で作れる老舗カフェの絶品スイーツ

    自宅で作れる老舗カフェの絶品スイーツ

    BOOKSTAND

    2/17

    アイスコーヒーは日本発祥の飲み物だった!?その歴史をひも解きます

    アイスコーヒーは日本発祥の飲み物だった!?その歴史をひも解きます

    tenki.jp

    4/18

  • 国内3位の店舗数 「コメダ珈琲店」が躍進を遂げた理由とは?

    国内3位の店舗数 「コメダ珈琲店」が躍進を遂げた理由とは?

    BOOKSTAND

    1/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す