年末恒例「笑ってはいけない」シリーズ 罰ゲームを"吹き矢"から"ケツしばき"に変更した理由

2014/09/27 09:30

 日本テレビの大晦日年越し番組と言えば、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の"笑ってはいけない"シリーズ。番組制作陣が用意した笑いのトラップにハマり笑ってしまうと罰を受けるというシンプルな企画で、昨年の年越しも、「絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時」が放送され、話題となりました。最近では、スパイ、空港、熱血教師、地球防衛軍という流れで企画を展開。今年の年末のテーマは何になるのか、今から注目が集まります。

あわせて読みたい

  • 「笑ってはいけない」 シリーズ発案者の松本人志がたどり着いた真理とは?
    筆者の顔写真

    ラリー遠田

    「笑ってはいけない」 シリーズ発案者の松本人志がたどり着いた真理とは?

    dot.

    9/25

    井上ひさしさんから学んだ、

    井上ひさしさんから学んだ、"笑い"をつくる仕事の必要性 ―――アノヒトの読書遍歴:ラサール石井さん(後編)

    BOOKSTAND

    6/29

  • ケツバット、ゴムパッチンも自主規制?TVをつまらなくする“忖度”
    筆者の顔写真

    三杉武

    ケツバット、ゴムパッチンも自主規制?TVをつまらなくする“忖度”

    dot.

    12/4

    企画会議、戦略会議、決算会議......それぞれの会議の質を高める色があるってホント?

    企画会議、戦略会議、決算会議......それぞれの会議の質を高める色があるってホント?

    BOOKSTAND

    10/6

  • 「松本さんには2度救われた」クロちゃんの起点となった「松紳」と「水曜日のダウンタウン」

    「松本さんには2度救われた」クロちゃんの起点となった「松紳」と「水曜日のダウンタウン」

    dot.

    10/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す