直木賞候補作『男ともだち』で描かれる新しい"男女の友情"の形とは

男と女

2014/07/14 12:45

 7月17日に迫った第151回直木賞選考会。第150回に引き続き、連続ノミネートされた千早茜さんの作品が今回紹介する『男ともだち』です。恋や性に率直に生きる現代女性を描き、多くの女性から支持を集める千早さんが、古くて新しいテーマ"男女の友情"を描いた作品となっています。

あわせて読みたい

  • 自分の体験できない女性視点の作品をよく読む------アノヒトの読書遍歴:松居大悟さん(後編)

    自分の体験できない女性視点の作品をよく読む------アノヒトの読書遍歴:松居大悟さん(後編)

    BOOKSTAND

    9/7

    突然の父の失踪...現れたのは

    突然の父の失踪...現れたのは"ダミ声のおっさん"? 湊かなえの直木賞候補作『望郷』

    BOOKSTAND

    7/17

  • 直木賞史上初! 候補者全員女性という出来事からみる「時代の変化」とは?

    直木賞史上初! 候補者全員女性という出来事からみる「時代の変化」とは?

    AERA

    6/26

    男女の友情は成立するのか? よしもとばななの新作「さきちゃんたちの夜」

    男女の友情は成立するのか? よしもとばななの新作「さきちゃんたちの夜」

    BOOKSTAND

    6/11

  • 恋愛はまだ「男女不平等」 男と女の「既得権益」を守りたい人たち

    恋愛はまだ「男女不平等」 男と女の「既得権益」を守りたい人たち

    AERA

    5/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す