実は“素人”が一番面白い? 笑いの職人はパソコンの向こう側にいた

2014/03/17 18:33

 韓流、ゆるキャラ、あまちゃん...日本人とは常に何かのブームに乗りたがる国民ですが、この国を度々席巻するのが"お笑いブーム"です。これまでもブームの最中には、世相に関係なく多くの名漫才師や名コンビが誕生し、注目の芸人が出るバラエティ番組は常に高視聴率を獲得してきました。

あわせて読みたい

  • 太田光ら多くの芸人が追悼 早逝コンビ「フォークダンスDE成子坂」の芸の深さと美しさ
    筆者の顔写真

    ラリー遠田

    太田光ら多くの芸人が追悼 早逝コンビ「フォークダンスDE成子坂」の芸の深さと美しさ

    dot.

    3/7

    井上ひさしさんから学んだ、

    井上ひさしさんから学んだ、"笑い"をつくる仕事の必要性 ―――アノヒトの読書遍歴:ラサール石井さん(後編)

    BOOKSTAND

    6/29

  • 1日に2000ボケ! 

    1日に2000ボケ! "伝説のハガキ職人"の壮絶な闘い

    BOOKSTAND

    3/31

    ”大喜利力”を鍛えた麒麟・川島 どのポジションもこなす桁外れのお笑いの精度
    筆者の顔写真

    ラリー遠田

    ”大喜利力”を鍛えた麒麟・川島 どのポジションもこなす桁外れのお笑いの精度

    dot.

    5/30

  • 暗い世相が影響? 「遅咲き芸人」が続出

    暗い世相が影響? 「遅咲き芸人」が続出

    AERA

    11/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す