朝井まかての直木賞受賞作『恋歌』は「負けない小説」?

2014/01/24 20:45

第150回直木三十五賞は、姫野カオルコさんと朝井まかてさんの女性二人によるダブル受賞となりました。姫野さんは、「直木賞がねじふせられた」と選評委員の浅田次郎氏に言わしめた、独特な世界観を描く人。一方の朝井さんは2008年のデビューから、一貫して時代小説を描いてきた人です。今回選ばれた『恋歌』は、幕末の動乱期を舞台に、実在の女性歌人にスポットを当て、時代に翻弄されつつも、したたかに生きる女性の強さを描き出します。

あわせて読みたい

  • 小説家・朝井まかての忘れられない“読者のはがき”

    小説家・朝井まかての忘れられない“読者のはがき”

    週刊朝日

    12/2

    姫野カオルコ氏はダメ人間? 直木賞受賞作『昭和の犬』にみる小さな幸せ

    姫野カオルコ氏はダメ人間? 直木賞受賞作『昭和の犬』にみる小さな幸せ

    BOOKSTAND

    1/31

  • 歴ベス発表! 2013年歴史・時代小説ベスト10はこれだ

    歴ベス発表! 2013年歴史・時代小説ベスト10はこれだ

    週刊朝日

    12/27

    「大坂商人はえげつなくない」 司馬賞朝井まかてさん『悪玉伝』

    「大坂商人はえげつなくない」 司馬賞朝井まかてさん『悪玉伝』

    週刊朝日

    12/7

  • “本読みのプロ”が選ぶ! 2018年「歴史・時代小説ベスト10」発表

    “本読みのプロ”が選ぶ! 2018年「歴史・時代小説ベスト10」発表

    週刊朝日

    12/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す