医師の鎌田實さん 「大学に行けなかったら寿司屋になる」と考えた理由

2013/10/10 07:00

ベストセラー『がんばらない』のほか『がまんしなくていい』、『言葉で治療する』など数々の著書を発表し、独自の哲学で注目を浴びている、医師で作家の鎌田實さん。医師としてはかつて4億円もの累積赤字を抱えていた諏訪病院を立て直し、その後は常に黒字運営を続けたことでも有名です。そんな鎌田さんが今回『○に近い△を生きる』を出版。鎌田さんの「△」の哲学について伺いました。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す