日本大脱出!「エクソダス」元年 古賀茂明

政官財の罪と罰

古賀茂明

2023/01/10 06:00

 2022年は、日本の賃金が先進国の中でも異常に安いということが一般の人に広く理解された年だった。これはとても良いことだ。政府も経営者も労働者や世論の賃上げを求める声に真剣に対応せざるを得なくなるからだ。現に、「今年の春闘」では、例年以上の賃上げ実現が予想されている。

あわせて読みたい

  • 時給は常に最低賃金、夢は早く楽に死ぬこと…世界的にも低い日本の賃金に苦しむ女性ライター

    時給は常に最低賃金、夢は早く楽に死ぬこと…世界的にも低い日本の賃金に苦しむ女性ライター

    AERA

    10/30

    “普通の暮らし”には「時給1500円」が必要? 都市でも田舎でも生活費が変わらない理由

    “普通の暮らし”には「時給1500円」が必要? 都市でも田舎でも生活費が変わらない理由

    AERA

    10/30

  • ユニクロ「初任給30万円」で目が覚めた? 賃金格差は「東大出て官僚より海外バイトが高額に」と専門家

    ユニクロ「初任給30万円」で目が覚めた? 賃金格差は「東大出て官僚より海外バイトが高額に」と専門家

    dot.

    1/23

    室井佑月「衰退してゆくのかも」
    筆者の顔写真

    室井佑月

    室井佑月「衰退してゆくのかも」

    週刊朝日

    6/6

  • 日々の生活の悲鳴「もう限界」が届かない 介護離職、深まる貧困に苦しむ女性たち

    日々の生活の悲鳴「もう限界」が届かない 介護離職、深まる貧困に苦しむ女性たち

    AERA

    7/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す