年齢を“瞬殺する”ハンドクリーム? 植松晃士が絶賛

楽屋の流行りモノ

山田美保子

2022/12/04 11:30

山田美保子・放送作家、コラムニスト
山田美保子・放送作家、コラムニスト

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が楽屋の流行(はや)りモノを紹介する。今回は、ロート製薬の「メンソレータム オーラ ザ ハンド」を取り上げる。

【写真】『ヒルナンデス!』界隈では既に流行りモノ 年齢を“瞬殺する”ハンドクリームはこちら

*  *  *

 11(いい)、10(てん=手)の語呂合わせで11月10日は「いい手の日、ハンドクリームの日」に制定されている。

 同日、掲載された新聞広告に日本テレビの番組関係者らがザワついた。同局お昼の『ヒルナンデス!』ファッションコーナー、「格安コーデバトル」でおなじみのファッションプロデューサー、植松晃士さんが、おなじみのピンク色のフワフワスティックを手に載っていたからだ。

「手元から変身よ!」なるセリフで植松さんが訴求していたのは『ロート製薬』「オーラ ザ ハンド」。『おネエ★MANS』『魔女たちの22時』などで放送作家と演者として長年親しくさせてもらっている私も、ザワついた一人だ。

 実は2001年に『レッツ!』がスタートすることになったとき、植松さんを番組に引っ張り出したのは私。数多(あまた)あったであろうテレビ出演のオファーを「お断りしている」と頑なだった植松さんに、「絶対、他局に獲られてしまう逸材だから」とプロデューサーと出演交渉に伺ってから、もう21年も経つのか。

1 2

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す